ふと隣りにいる彼女を見たら涙を流していたという経験は、だれにでもあるだろう。こういう事態に陥ると、男はどうしていいのかわからずにオロオロしてしまうものである。何とかなだめすかして泣くのをやめてもらおうと、「どうしたの」と尋ねると、ますます泣かれたりする。小さいころ、いじめっ子だった男性ほどこの傾向が強いようだ。いつも女の子を泣かせて怒られていた記憶があるので、心の隅に女の子の涙に対する恐怖感が残っているからである。しかし、いくら女性が泣くことに慣れているからといって理由もなしに泣いたりはしない。女性4どうしたら、出会 アプリ で二人の愛をもっと深められるかの不意の涙は、男性への強いアプローチなのである。日ごろ、積み重なった不平や不満が、何かをきっかけにして、あふれ出てしまったと考えていいだろう。女性は、男性に自分の気持ちをわかってもらいたいのである。とはいっても、泣いている女性に向かって、「なぜ泣くの」とか「何か悪いことしたか」などと問いつめるようなことはしないほ、つがいいだろう。泣いているときは、理屈よりも感情のほうが高まっているので、自分がなぜ泣いているのかをうまく説明することができない状態になっている。こういうときは、屑に手を回して胸を貸してやったり、そっとハンカチを差し出したりして、彼女の高ぶった気持ちが落ちつくのを静かに待つ。女性も泣くのは恥ずかしい。泣き顔を見せるということは、相手に気を許している証拠なのである。だから、彼女の思いがけない涙に接したときは、オロオロする必要はない。彼女をなぐさめ、まず安心させることだ。彼女は、自分の気持ちを理解してもらいたいと思っているのだから、優しい態度で彼女に共感を示してやることがたいせつである。泣きやんだところで、彼女の気持ちをやさしく尋ねればいい。こういう機会が、彼女との関係をもっと深く親密なものにするいいチャンスになるものなのだ。*女性が不意に泣いたときは、オロオロせず、泣さやむのを待ったほうがいい”なぜ、恋する男女は黙っていても、心が通じあうのか人は、相手とのコミュニケーションが少ないときほど、沈黙を恐れるつきあいはじめたばかりの男女にとって、沈黙ほど怖いものはないかもしれない。沈黙の時間を作らないようにお互いに気を使うが、二人の仲が一定の段階を越えると、沈黙はやがて気にならなくなってくる。これを市お互いの愛がさめてしまったからではないか。

人は、社会の中では、欠点や弱みを見せずに生きようとしている。男性ならなおさらで、世間の前では強がってみせているが、実際には人はそれほど強いものではないし、むしろ欠点も多い。外甘えるなんて恥ずかしい。という男性もいるかもしれないが、気持ちを許した女性の前で甘えてしで市強い男。であろうとしたぶんだけ、内では弱みをみせ、甘えたくなるのだ。J」のオレが、女に4どうしたら、二人の愛をもっと深められるかまうのは当たり前のことだ。むしろ、ときにはすこしくらい女性に甘えてみるのもいいだろう。彼女に甘えられて悪い気がする男性がいないのと同じで、好きな彼に甘えられてうれしくない女性はいないはずだ。甘えるということは、動物が自分の腹を見せるのと同じことだ。外では男性が見せることのない弱きや恥部を自分だけに見せられることで、女性は男性からの信頼も感じてくる。男性は女性に甘えてみたら、今度は女性にも甘えきせてあげることだ。夫婦の話になるが、中日ドラゴンズの落合選手と夫人の関係は、甘え・甘えられる男女関係の典型だろう。マスコミでは落合選手の夫人への甘えよりばかりが報道されているが、実際はそうした一方的関係ではないはずだ。夫人の都合に合わせてオフのスケジュールをくむなど、夫人の甘えをおおいに許しているのだ。夫婦にかぎらず、恋人関係でも同じように、甘え・甘えられる関係がうまくいくと、二人の仲はさらに親密になる。ここで男性が気をつける必要があるのは、甘えればいいからといって、だれかれと見境なく甘えないことだ。女性は、甘えのコントロールをできない、社会的にも弱い男性としか感じない。甘えていいのは、自分の彼女だけなのである。*ときには、わざと自信のなさそうなことを言って、彼女に甘えてみるのもニ人の仲を深める引なぜ、女性は突然理由もないのに泣きはじめるのか女性の涙は、不平・不満を男性にわかってもらいたいというシグナルである一般的にいって、男性よりも女性のほうがよく泣く。映画に感動したときも、ケンカをしたときも、泣くのはたいてい女性のほうだ。女性は、素直に感情を表わすことに慣れているが、男性は幼いころから、男は泣いてはいけないものだと育てられている。映画に感動したり、ケンカしたりしたときの涙は、理由がわかっているだけまだ対処のしようもあるが、女性は、ときにまったく思いもかけないときに涙を見せることがある。何の悪意もなしに言ったひと言に泣き出したとかいいですね。

自分に足りないものを相手のなかに見つけたとき、男女の関係はより深い力で結ぴ合うことにな4どうしたら、二人の愛をもっと深められるかる。せっかちな女性は冷静沈着な男性に、のんびり屋の女性は行動的な男性に、それぞれ魅力を感じることが多いのはそのせいだ。この場合、相手に合わせようとするのではなく、むしろ相手にない部分を強調しながらつきあうことがたいせつである。せっかちな女性には「そんなにあわてないで、のんびり行こうよ」とやさしく語りかける。相手は自分のせっかちさに気づき、そんな自分をたしなめてくれる男性を「この人がいないとダメ」とさえ感じるようになる。ただ、ここで「キミはどうしてそんなにせかせかしているんだ。一時間も早くパーティの会場に行くやつなんてどこにもいないよ」などと、自分の常識を押しつけてしまうと、かえってギャップを感じ「とてもあなたののんびりぺスにはついて行けないわ」ということになりかねない。足りない部分を責めるのではなしに、あくまでも補ってやることが肝心なのである。「そんなに急ぐことはないと思うけど、気になるならそろそろ出かけようか」という言い方をして、さりげなく彼女に自分の考えを伝えることだ。また、一方的に補うだけではなく、相手に「私が補ってあげなくちゃ」と思わせる部分をつくっておくことも忘れないことだ。相手の足りない部分を補ってあげることが、自分にとって失ってはならない人と印象づける|モテない男/:目宗雪:己モG~一度言え'](J彼女は、愛されているのか不安で山変わりしやすく怠る重霊童書,駒ずかしくても、何度も愛の言葉をささやく彼女は、愛の言葉を聞くたびlこ愛ガ深まつ定と感じる印なぜ、男は歳下の彼女にでも、甘えたくなってしまうのか社会的に強い男性ほど、特定の女性には脆さを見せやすい目下恋愛の真っ只中という私の教え子が、私のところに訪ねてきた。彼女は、半分のろけながら「男の人は、みな甘えん坊なのですか。私の彼はとても強い人だと思っていたら、実際は甘ったれ屋きんで、私がお母さん役のようです。先生も奥さん相手に甘えられるのですか」と聞かれてしまった。そのとおりで、私も妻相手に甘えん坊になるときもある。私ばかりでなく、ほとんどの男性がそうだろう。彼女にひざまくらでもしてもらって、世間のグチのひとつもこぽすときがあるはずだ。むしろ社会では8強い男といわれている男性ほど、特定の女性に甘える部分は大きいのではないだろうか。

もしこんなマネをして「なんだあの男は」と親にいわれたら、いまの女性は簡単に別れてしまうことだろう。つまらない障害は、つくらないように気をつけるにこしたことはない。障害を持たずに、恋を燃え上がらせるいい方法がある。二人に共通した目標を持てばいいのだ。何も特別なことをする必要はない。「温泉めぐりをしよう」「インドネシアにプゲンピリアの花を見に行こう」でも何でもいい。二人で苦手なパソコンの勉強をしたっていいし、いっしょに車の免許をとりに行って、車を買うというのでもいいのだ。ふだんなら絶対に持ちたくないような大きな荷物を持ってでもスキに行くのは、その苦労よりもスキ!の楽しみのほうがはるかに大きいからである。ちょっとした目標があり、二人ですごすときが楽しいものになれば、少々の障害があらわれたとしても、そんなものは単なる恋のいろどりになってしまう。二人で共通の目標を持つことによって、二人のあいだの結束が強まり、目標を達成するために必要なパートナーという意識が、やがて、自分にとってなくてはならないたいせつな人、という気持ちに変わっていくのである。*二人で旅行に行くなど、共通の目標をもつことで、よりニ人の仲は密接なものになる防なぜ、せっかちな男とのんびりとした女性がうまくいくのか人は、自分に欠けていると思える性格・能力の持ち主を無意識に求める結婚を間近に控えた男性に、ある相談を受けたことがある。はじめは似た者同士と思っていた彼女が、じつはまったく正反対の性格をもっていたというのだ。彼はひじようにおっとりした性格なのだが、彼女のほうは一見おっとりとしながら、いざとなると積極的になるタイプらしい。このまま大丈夫なのか、と心配そうな彼に、私は「まず大丈夫だろう」と答えた。自分と彼女の性格がちがいすぎるからといって悲観することはない。映画にもなった『風と共に去りぬ』で、ヒロインのスカlレット・オハラは、自分と同じように情熱的なレット・パトラに心を燃やしながら、その一方では、むしろ自分と正反対の思慮深いアシュレにも心を動かされる。これは、なにもスカ!レットが多情な女だからというだけではない。人間にはだれしも、自分と同じものを求めようとする心理と、自分にはないものを求めようとする心理がある。心理学ではこれを。補完性の原理。と呼んでいるが、互いに足りない部分を補い合うのが、男女のカップルとしては理想的なのかもしれない。

もちろん、このことは他のサークル仲間には伏せておいたのだが、以来二人は、サークルの仲間同士としてではなく、恋人同士としてっきあうようになった。あるいは、周囲も公認のカップルが、マンネリ気味の状態のとき、親にはないしょで、二人だけの旅行に出かけたところ、お互いに相手を見直すことになり、マンネリ気分など吹きとんでしまったという話もある。いずれも、秘密の共有が二人の仲を近づけたわけだ。そもそも、恋愛中というのは、たとえ公認のカップルでも、他の人には話せない、二人だけの体験がいくつもあるはずだが、女性はとくに秘密が好きだから、この秘密の共有を強調するのも一法だろう。たとえば、「これだけは二人のあいだの秘密にしておこう」と確認したり、「きみだけに話すのだけど:::」と、自分の秘密を打ち明けるだけでも、彼女との仲は深まるのだ。*彼女との仲を深めたいなら、ささいなことでも、。ニ人だけの秘密々を強関する“なぜ、人から反対された恋ほど燃え上がりゃすいのか共通の障害や目標が多いほど、集団や二人のあいだの結束は固くなる身分格差のあった時代、洋の東西を問わず、数多くの悲恋を生んでいる。ロミオとジュリエット、『嵐が丘』のヒ!スクリフとキャサリンなど、対立する家の子ども同士の恋や、身分の差を越えた恋は、いずれも時代の壁にはばまれ、結末は悲劇となる。しかし、たとえ周囲から別れさせられでも、生涯ヒスクリフとキャサリンが強く愛しあっていたように、こうした恋は激しく燃えやすい。禁じられた恋が、なぜこれほど激しくなるのか。イタリアのある心理学者は、恋愛をすることは、二人という最小限の人数からなる、一種の社会運動と同じだといっている。大衆運動と同じように、まわりからの弾圧が強くなればなるほど、恋は尖鋭化していくというわけだ。それならいまの時代、女性側の親がもし反対でもしてくれたのなら、二人の恋にとってはたいへん喜ぶべきことで、激しく燃えられるに違いないというと、それがそうはいかない。男女のつきあいが軽くなっているだけに、ちょっとした障害でも、恋がダメになってしまう可能性も高くなっている。食事のマナーが悪い、鼻をならすクセが許せないなど、この程度のことで簡単に別れてしまう時4どうしたら、二人の愛をもっと深められるか代である。女性の家に行った男性が、彼女の父親に「どうぞ楽にして」といわれて、ドタッと足を投げ出し、あきれられるというテレビのコマーシャルがあるのです。